秋田県の御朱印

真山神社

真山神社

秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97

真山神社

東京は豪雨。しかし我々はみちのく秋田へ向かう。土崎の居酒屋へ飲みに行くために…

磯丸水さん
とりあえず西新宿集合。磯丸水産で飲む。これから秋田で海鮮食べるんじゃない?という思いが一瞬頭をよぎるが、雨の中店を探すのもめんどくさいので刺身とか食べる。

夜行バス
これが我々が乗る千葉ミライ号。志田未来みたい。

秋田行きのバス混んでますね。狭い。辛い。5000円で行けるのはお安いが。

秋田駅

秋田駅着いたよ!駅前の駐車場広い!土地余ってるね!

市場

秋田美人(27)の案内で市場へ。朝ごはんを食べに行く。

やまだ (2)

朝食はやまだ。地元民御用達ぽい雰囲気ぷんぷん。

朝飯
塩サバ定食。美味し。

焼肉屋 (3)
日本酒を購入後、昼食へ。さっき朝飯食ったばっかりじゃないのか。焼き肉牛玄亭へ。

焼き肉
定食豪華!申し訳程度に健康ご飯(雑穀米?)を選択したが、焼け石に水やがな。


車で南下。道中のミュージックはLUNA SEA及び河村隆一。LUNA SEAかっこいいよね!リューイチの声ずっと聞いていると中毒性があるね!

道の駅象潟

象潟に到着。ぞうがたちゃうで、きさかた。

イワガキ

岩ガキ美味しそうやがな。

イワガキ (2)

迷わず食べるがな。何もつけずに食べると磯の味やがな。美味いがな。

アイス ジャージー
ソフトクリーム(ジャージー)美味いがな。食べすぎでんがな。

瀧 (2)
元滝と伏流水という名所に向かう。ここ去年行った鳥海山の近くやな。

セリ
おそらくセリ。セリは食べられるけど、ドクゼリは食べられません。実家にあった野生生物大図鑑に見分け方が載ってたはずだが忘れた。

瀧 (9)

瀧 (8)

到着!鳥海山の湧水がしみだしてるんだそうな。すごいね。

鳥海山

さよなら鳥海山。

土崎港 (2)

土崎
秋田ポートタワーセリオンから土崎港、土崎の町を見る。昔は安東氏の城があったし、北前船も来てたからにぎわってたんでしょうなあ。安東氏は信長の野望だと安東愛季がちょっと強いですね。愛季って名前可愛いですね。秋田美人(27)曰く、セリオンは地元のナンパ待ちスポットだそうな。流石詳しいですな。

わいったげ
今回の旅の目的地、先輩がやっている居酒屋へ。先輩を勝手に激写。

waittage.jpg
日本酒種類豊富で美味い。料理も美味い。飲みすぎでんがな。

なまはげ (5)
翌日、二日酔いもなく快適になまはげ鑑賞。

なまはげ伝承館の隣の神社へ参拝。

真山神社
古事記・日本書紀に記される12代、景行天皇の御世に、武内宿禰(たけのうちのすくね)が北陸北方地方視察のあと男鹿島に立ち寄った際、男鹿半島の秀峰、湧出山に登ったそうです。そのときに、武内宿禰が使命達成、国土安泰、武運長久を祈願するために、この地に瓊瓊杵命(ににぎのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)の二柱を祀ったことが始まりだと言われています。

真山神社 (2)
平安時代以降、仏教が日本全国に広まりはじめ男鹿半島にもその波が及んだ貞観時代(859年~877年)には、円仁慈覚大師によって湧出山は二分され、北を真山、南を本山と称するようになったと伝えられています。それ以降修験の信仰が高まり、天台宗僧徒によって比叡山延暦寺守護神の赤山明神と習合されました。
南北朝時代には、真山の別当が置かれた光飯寺(こうぼうじ)は天台宗から真言宗に転じ、東北地方における時の支配者も阿部氏→清原氏→藤原氏と移り変わる中、その庇護の下で修験の霊場として一山繁栄を誇ったようです。

真山神社 (6)
江戸時代には国内十二社に指定され、佐竹藩ゆかりの祈願所として数々の寄進崇敬を受けました。それにより、幾多の堂塔伽藍が営まれるようになったそうです。
明治維新以後は、神仏分離令が発せられたことで元の神域に復し、名称も赤神神社から真山神社と改められました。それと同時に、秋田県の県社に列格されることになりました。
真山神社の本殿は、真山(567m)山頂に鎮座しており、国家安泰、五穀豊穣、海上安全の守護神として崇敬されています。平成19年に改築した重層(2階建て)建築で展望も兼ねており、その眺望は感嘆に値します。

真山神社 (3)

真山神社 (5)

真山神社 (4)
社務所の巫女さんかわいい。結婚してくれ!

男鹿 (2)
その後、男鹿プリンスホテル(心霊スポット)等を華麗にスルーし、男鹿半島の先っぽへ。

男鹿
北緯四十度。でも夏は暑いよ。

つぶがい串
ツブ貝串食べる。美味い。

開戦定食
お昼は刺身定食。美味い。飯ばっかり食べすぎ。
比内地鶏
食べそこなった比内地鶏は駅弁で鳥弁を食べる。美味し!秋田~東京間四時間。こまちで帰る。

秋田いいところですよ。みんな遊びに行ってくださいな。

漢槎宮(浮木神社)

漢槎宮(浮木神社)

秋田県仙北市西木町西明寺潟尻

湖に張り出す形になっている小さな神社で、流れ着いた大木の浮木(流木)を祀ったので別名を浮木神社という。また、潟尻明神とも呼ばれ、明和6年(1769年)秋田藩士で俳人で漢学者の益戸滄洲によって漢槎宮と命名された。よって田沢湖を漢槎湖または槎湖と呼ぶようになった。すぐ近くにたつ子像がある。

拝殿正面の扁額は、滄洲が田沢湖を遊覧した折に船頭をした少年斉藤千太郎に書き与えたもの。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E6%A7%8E%E5%AE%AE



浮木神社

浮木神社鳥居

浮木神社

8時間ぐらいかけて車で行ったんで、満身創痍でした。二人で交代で運転したけど、秋田遠すぎる。。