岐阜県の御朱印

南宮大社

南宮大社

岐阜県不破郡垂井町宮代峯1734-1

御祭神金山彦命は、神話に古く、伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおかみ)の兄神に当らせられる大神様であります。  社伝によれば、神武天皇東征の砌、金鵄を輔(たす)けて大いに霊験を顕わされた故を以って、当郡府中に祀られたらせられ、 後に人皇十代崇神天皇の御代に、美濃仲山麓の現在地に奉還され、古くは仲山金山彦神社として申し上げたが、国府から南方に位する 故に南宮大社と云われる様になったと伝えます。  御神位は古く既に貞観15年(873)に正二位に叙せられ、延喜式の神名帳には美濃国39座の内、当社のみ名神大社として 名神祭にも預る大社に列せられています。  天慶3年(940)、平将門の乱の誅伏の勅願や、康平年中(1058~65)安部貞任(さだとう)追討の神験によって、 正一位勲一等の神位勲等を極められ、以来、鎌倉、室町、戦国の世を通じて、源氏、北条氏、土岐氏等の有力な武将の崇敬をうけ、 美濃国一宮として、亦、金の神の総本宮として、朝野の崇敬極めて厚い名大社であります。

以上、南宮大社ホームページより。 http://www.nangu-san.com/sub1/



南宮大社


南宮大社 (9)

南宮大社

南宮大社 (6)

南宮大社 (5)

南宮大社 (2)

この後、関ヶ原古戦場に行ってきました。大谷吉隆かっこいいなあ。

山桜神社

山桜神社

岐阜県高山市本町2丁目65

祭神の山桜とは、江戸時代初期に実在した馬の名前である。飛騨国大野郡小八賀郷池之俣村(現・高山市丹生川町)の野生の馬で、高山城城主金森頼直に献上され頼直の愛馬となる。1657年(明暦3年)の明暦の大火では、高山藩の江戸屋敷が火に包まれてしまったのを、山桜は百間堀を飛び越えて、頼直を救ったという。言い伝えでは、頼直と家臣3人の計4人を一度に乗せて走ったという。
山桜はその功績により、晩年は中向町(現在の高山市本町2丁目)に厩舎をあてがわれた。山桜が死亡すると遺骸は火葬にされ、松倉山の山麓に葬られた。この厩舎の跡には社殿が建てられ、山桜神社として創建される。創建時期ははっきりしていないが、金森頼直の生前と伝えられており、1657年(明暦3年)~1665年(寛文5年)と推測される。
山桜は江戸から高山に戻った際、病気にかかってしまったという。山桜の病気は松倉城城主の姉小路氏の祟りとされ、松倉城跡付近の松倉大悲閣(通称・松倉観音)に元々祀ってあった馬頭観音(普段は飛騨三十三観音霊場の素玄寺に祀ってある)を修復したところ山桜の病気が治ったという。
1936年(昭和11年)、境内の拡張と社殿を改築する。このさい、火の見櫓を境内に移築する。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%A1%9C%E7%A5%9E%E7%A4%BE



山桜神社

山桜神社

山桜神社 (2)

山桜神社 (3)

山桜神社 (4)

絵馬買おうかと思ったけど、荷物多くなるから断念した。電車で岐阜を目指す。

飛騨東照宮

飛騨東照宮

岐阜県高山市西之一色町3丁目1004

元和5年(1619年)、飛騨高山藩の藩主である金森重頼が、高山城の城内に祀ってあった徳川家康公を現在地に遷座したのが創建である。

神仏習合の影響により、東照宮には薬師如来が祀られるようになり、松泰寺とも呼ばれるようになる。

文化15年(1818年)、境内に金龍神社(祭神:金森長近)が造られる。

明治初期の神仏分離により東照宮に改称し、大正12年(1923年)郷社に列した。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE



飛騨東照宮

飛騨東照宮

飛騨東照宮 (2)
飛騨東照宮 (4)

飛騨東照宮 (9)

飛騨東照宮 (15)

社務所、留守でしたがお電話したら対応いただけました。お忙しいところありがとうございました。

飛騨総社

飛騨総社

岐阜県高山市神田町2-114

平安時代の承平年間(931年~938年)の創建と伝えられる。1191年(文治2年)に最初の社殿が築かれる。しかし、室町時代になると衰退する。

江戸時代の寛永年間に金森重頼により社殿の大改修が行われたが、1781年(天明元年)の天明の大飢饉の頃から再び衰退し、境内も縮小される。

国学者である田中大秀(本居宣長門弟)は、その様子を嘆き、1808年(文化3年)に「飛騨総社考」を著して再興を願う。これをきっかけに1820年(文政3年)に再建され、境内も拡大する。

1887年(明治20年)より1890年にかけて大造営が行なわれ、南向きだった社殿を東向きにし、参道が整備される。

以上ウィキペディアより。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E7%B7%8F%E7%A4%BE



飛騨総社

飛騨総社

飛騨総社 (2)

飛騨総社 (3)

飛騨総社 (4)

飛騨総社 (6)

この辺、酷暑の中の自転車移動に限界を感じてきました。巫女さんかわいい。

飛騨護国神社

飛騨護国神社

岐阜県高山市堀端町90

幕末以降、幾多の国難に殉じられた諸霊を慰霊するため、全国各地に招魂社が創建されます。
江戸時代、飛騨は天領(幕府直轄地)であったので武士がほとんど存在せず、比較的平和に明治維新を迎えますが、
明治10年の西南の役では飛騨管区にも動員がくだり、初めて軍人が出征致しました。

招魂社設立願には、靖國神社合祀者のうち飛騨出身者に限ると記されており、
設立時には、靖國神社3代宮司 賀茂百樹氏をお迎えして遷座合祀祭を執り行いました。
靖國神社側には分祀の記録はないようですが、この時「靖國神社御分霊を奉戴」したと記録され、
上杉斎次郎初代宮司からも「靖國神社の御分霊を祀る招魂社は全国にも類がない」と伝えられています。

賀茂百樹宮司は賀茂真淵先生の流れを汲む国学者でもあります。
明治42年から昭和13年まで、実に30年もの間靖國神社宮司として御奉仕されました。

当時は戦歿者のみたまを「忠魂」「忠霊」とあらわし、「英霊」よりも格上とされていました。
(本来英霊とは「特に秀でた人の魂」を指し、明治期は神社祭神として菅原道真公英霊・徳川家康公英霊と記されています)
戦歿英霊の中でも、特に靖國神社の御祭神を示す場合は「靖國大神」と申し上げました。
戦時中は当護國神社でも戦歿英霊に対して「御代靖國大神」の諡号(いみな)・神号を捧げて参りました。

以上、飛騨護国神社ホームページより。 http://www.hidatakayama.ne.jp/gokoku/



飛騨護国神社

飛騨護国神社 (6)

飛騨護国神社 (5)

飛騨護国神社
社務所の女性の方、親切な対応ありがとうございました。