神社巡って南船北馬~神社と御朱印~

御朱印を拝受した神社を地域別に掲載。神社以外の御朱印の記事も一部あり。

このブログについて

未分類

神社好きが高じて、御朱印を拝受するようになりました。

神社巡りをする中で、さまざまな場所を訪問したので、旅の思い出を記録するためにこのブログを作りました。

御朱印をいただいた神社を、都道府県別に記事にしております。神社以外で御朱印をいただいた記事も一部あります。

訪問した場所は、下記のマップに登録しております。

御朱印マップ



▲PageTop

津嶋神社

香川県の御朱印

津嶋神社

香川県三豊市三野町大見甲6816番地2

津嶋神社(つしまじんじゃ)は、香川県三豊市の北部に浮かぶ津島にある子供の守り神として信仰を集める神社。

津嶋神社の本殿は津島(かつては鼠島とも呼ばれた)に建てられており、橋で結ばれた海岸沿いには本殿以外の祈祷殿や参集殿、社務所などが松林の中に建てられている。島と対岸を結ぶ津島橋(長さ250メートル)は夏季大祭の期間中(毎年8月4・5日の2日間)の前後以外は通行禁止として入り口が封鎖されて橋桁に敷き詰められる板も外されている。この橋は昭和8年(1933年)に当時の大見村長・倉田彌治郎が発起人となり架橋されたものである。
宝永3年(1706年)に本殿が造営されたと伝えられている。祭神は素戔嗚命である。牛馬の神と子供の守護神として信仰され、大正後期辺りより子供の守り神として親しまれている。昭和27年(1952年)に「津島神社」より現在の「津嶋神社」に改められた。
海岸部分は潮干狩りが出来る遠浅の海岸で、浮世絵師歌川広重 (2代目)が諸国名所百景「讃岐久保谷のはま」として描き、「新さぬき百景」、「四国のみずべ八十八カ所」(第七十三番)のひとつに数えられるように本殿の後景には瀬戸内海の島々が広がる景勝地でもある。
2015年5月10日には、最寄りの臨時駅である津島ノ宮駅開業100周年を記念して、通常は夏季大祭時のみとなっている津島橋が通行可能とされた。

以上ウィキペディアより。

津嶋神社
橋を渡る前の授与所でいただきました。

津嶋神社 (1)
夜の20時。あたりも暗くなってきた時間に神社に来ました。

津嶋神社 (2)
今日は香川の津嶋神社に橋がかかる日なので、参拝しようと思い立ったのです。

22時までやってるとホームページでみたので、遅めの時間に来ました。

s-普段の津嶋
参考に、ウィキペディアから拝借した普段の橋の画像。板がはずされて、封鎖されております。

津嶋神社 (3)
屋台もでて、にぎわっております。

津嶋神社 (4)

津嶋神社 (5)
遥拝所。橋が架かってない時期はここで参拝。

津嶋神社 (6)

津嶋神社 (7)
しあわせ橋きっぷうりばで300円を支払います。

うりばは、中学生が手伝っている様子。

津嶋神社 (8)
チケットを買ったので、わたります。

津嶋神社 (9)
木の板の下は海という不安。

津嶋神社 (11)
夜の海。昼間に来るとまた雰囲気が違うんでしょうね。

津嶋神社 (12)

津嶋神社 (13)
上陸。結構長く感じた。

津嶋神社 (14)

津嶋神社 (16)
石段を登る。

津嶋神社 (18)
本殿では祈祷真っ最中でした。流石子供の守り神。

津嶋神社 (19)
かなりの盛況。

津嶋神社 (21)
島から橋を写してみました。

夜の雰囲気もいいですが、暗くて海がよく見えないので、日中に再訪したいですね。

▲PageTop

御田八幡神社

東京都の御朱印

御田八幡神社

東京都港区三田3-7-16

御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)は、日本の東京都港区三田にある神社である。
誉田別尊命(ほんだわけのみこと、八幡神)を主祭神とし、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、武内宿禰命 (たけのうちすくねのみこと)を配祀とする。
海側斜面に位置する。江戸時代には直ぐ正面に東海道が走り、その向こうは江戸湾の海浜が開け、さぞかし風光明媚であったと考えられる。明治40年代芝浦の埋め立てが始まりその面影を失うことになる。周囲の木々の剪定は最低限にとどめられ、あたり一面薄暗く蕭蕭とした雰囲気を漂わせている。
平成21年には鎮祀1300年記念として、8月1日に式年例祭が、2日には御神輿渡御が斎行された。

和銅2年(709年)8月、東国鎮護の神として牟佐志国牧岡の地に祀られたのに始まる。寛弘7年(1011年)、武蔵国御田郷久保三田に遷座し、嵯峨源氏渡辺一党の氏神として尊崇された。延喜式神名帳には「武蔵国荏原郡 稗田神社(ひえだじんじゃ)」として記載されている。ただし、「延喜式内稗田神社」は、大田区蒲田の稗田神社・東六郷の六郷神社も論社となっている。
徳川家康の江戸城入城の際に奇瑞があったことから、現在地である荏原郡上高輪村海岸を開拓して社殿を造営し、寛文2年(1662年)8月に遷座が行われた。しかし、寛文8年2月の大火により社殿は全焼、仮殿が伊皿子坂薬師寺に置かれた。寛文12年8月に社殿が再建され再度遷座された。
慶応元年(1865年)に神祇官により延喜式記載の「稗田神社」に改称、明治5年(1874年)に「三田八幡神社」に改称し、郷社に列した。明治30年(1897年)に「御田八幡神社」に復した。昭和20年の東京大空襲で寛文12年造営の社殿が焼失し、戦後の昭和29年に復興された。

以上ウィキペディアより。

三田八幡神社

松屋
本社での出張のため、いつもより早く家を出る。駅までが遠い。

まずは松屋で栄養補給。紅しょうがで元気はつらつや!
三田八幡神社 (1)

羽田からモノレールに乗り、浜松町へ。山手線で一駅移動し、田町に来ました。

うーん。東京はやっぱり都会ですなあ。

三田八幡神社 (2)
駅から大きい通り沿いに歩いていくと、看板を発見。

かなり視認性高いです。

三田八幡神社 (4)
ここでカメラの電池が切れかけていることに気づく。朝見たときは大丈夫だったのに。

三田八幡神社 (5)

三田八幡神社 (6)
手水舎

三田八幡神社 (7)

三田八幡神社 (8)
社務所留守かと思ったら中にいらっしゃいました。よかった。

ゆでたろう (1)
仕事までまだ時間があるので、三田でお昼を食べておくことに。

ゆで太郎を見つけて懐かしくなり立ち寄る。

ゆでたろう (2)
500円ランチ!サラリーマンの味方ですね。ウチの近所にもほしいです。

ゆでたろう (3)
カツ丼セットいただきます!

この直後、職場から電話があり、1分でたいらげて店を出ることに。不運。

食事ぐらいゆっくり味わいたい。

磯丸
お仕事も終わり、土曜は友人夫婦と磯丸水産で競馬観戦しました。がんばれウチパク。

結果は微負け。でも小額で長時間楽しめたのでよかったです。

▲PageTop

朝倉神社

高知県の御朱印

朝倉神社

高知県高知市朝倉丙2100

朝倉神社(あさくらじんじゃ)は、高知県高知市朝倉にある神社。式内社で、土佐国二宮と称される。旧社格は県社。俗称として「木の丸様」とも。

創建は不詳。朝倉神社に関しては、古くから『日本書紀』の斉明天皇西征伝説に比定する説が知られる。すなわち同書斉明天皇7年(661年)条によると、天皇は百済救援のため難波宮を出て西征し、伊予熟田津、娜大津を経て朝倉橘広庭宮に移ったといい、朝倉宮の造営には「朝倉社」の木を使用したという。これに対して当地の伝説では、朝倉神社後背の赤鬼山(あかぎやま)の木を切って山麓に営んだのが、その朝倉宮であるとしている。そして天皇の死後、赤鬼山の神である天津羽羽神を祀る社殿に天皇の霊を合祀したと伝える。

以上ウィキペディアより。

朝倉神社
御朱印はセルフでいただきました。理由は後述。

すき家
ツーリングに行くため、5時前に起床。国道192号線を西進。外が明るい。

朝食は定番のすき家で。牛丼中盛と豚汁おしんこセットを注文。

最近ダイエット中なので特盛とかは頼みません、

朝倉神社 (1)
高知市の朝倉神社に来ました。

朝倉神社 (2)
以前一度参拝していましたが、社務所が留守だったので再訪。

朝倉神社 (3)
この木陰が夏感を演出しますね。

朝倉神社 (4)

朝倉神社 (5)
社務所に立ち寄ると、宮司さんと思われる方から、「今書けないから、あがって!」

といわれ、社務所内へ。

どうやら草刈をしていて満身創痍のタイミングだった模様。

セルフ式で御朱印をいただいきました。ありがとうございました。

あと少ししたら外出するつもりだったらしい。ぎりぎりセーフ。

ランチ (4)
帰りは国道195号線で帰ることに。

山道に入る前に休憩すべきと思い、ライダーズイン奥物部に立ち寄る。

たまたま見つけましたけど、ツーリングにはいい感じの休憩場所です。

ランチ (3)
昼前ですが、ここから先はしばらく食べ物にもありつけなさそうなので、ランチにします。

ランチ (2)
からあげ定食。スイカが夏感ありますね。

ダイエット中のくせにがっつり食べますね。いいんです。四国山地を越えるには栄養が必要なんです。

ランチ (1)
窓からはきれいな湖畔が見えます。

コミネのメッシュジャケット着用だったので、比較的快適なツーリングでした。長時間はムリですけど。

▲PageTop

和霊神社

愛媛県の御朱印

和霊神社

愛媛県宇和島市和霊町1451

宇和島市街地の北端、鎌江城跡に鎮座する。
宇和島藩家老・山家公頼(通称 清兵衛)を主祭神とする。公頼は伊達政宗の家臣であったが、元和元年(1615年)政宗の長男・秀宗が宇和島に移封されるのに従い、その家老として藩政を支えた。宇和島はそれまでの領主の悪政により疲弊していたが、公頼は租税軽減や産業振興を行い、効果を上げた。しかし、元和6年、藩主秀宗は公頼を嫉妬する藩士による讒言を信じ、公頼とその息子らを殺害させた(和霊騒動)。
公頼を慕う領民たちは、密かに城北森安の八面荒神の境内に小祠を設けて公頼一族の霊を祀った。その後、公頼殺害に関与した者が落雷・海難などにより次々と変死し、また公頼の無実も判明したため、承応2年(1653年)、秀宗は公頼を祀る神社を創建し、山頼和霊神社と称した。享保20年(1735年)に現在地に遷座した。大正8年(1919年)に県社に列した。昭和28年(1953年)に神社本庁の別表神社に加列された。
昭和20年(1945年)に空襲で焼失されたが、昭和32年(1957年)に見事再建された。
1月2日・3日には刀剣武術の居合いの奉納が行われる。
7月23日・24日の例祭は和霊大祭と呼ばれる。
当社の分霊を祀る神社が、四国・中国地方を中心に日本各地にある。

以上ウィキペディアより。
和霊神社

和霊神社 御朱印帳
オリジナル御朱印帳あります。鮮やかピンク。

和霊神社 (1)
多賀神社から川沿いに東に進むと、到着。

鳥居大きいなあ。

和霊神社 (2)
灯篭、デザインが変わってますね。

和霊神社 (3)
ドラゴン!

和霊神社 (4)
サギ。

和霊神社 (5)
鳥居から橋を渡るかたちです。

和霊神社 (6)

和霊神社 (7)
手水舎

和霊神社 (8)
手水舎の横に、教育ローンのポスターが。

受験生は神社に多そうなので宣伝効果は高いかも。

和霊神社 (9)
摂社

和霊神社 (10)
石段

和霊神社 (11)
あがると結構広い

和霊神社 (13)

和霊神社 (12)
ここが一番宇和島で大きい神社ですかね。ご立派でした。

かどや (1)
せっかく宇和島まで来たので、宇和島っぽいものを食べましょう。

かどやに来ました。

かどや (2)
地元の料理を取り扱ってます。

駅前で、アクセスも良好。

かどや (3)
みきゃん。かわいいですね。

かどや (5)
ご当地メニューということで、鯛めしをチョイス。

人生初鯛めし。

かどや (6)
美味し!

ご飯おかわりし放題なんですね。うれしい。

ミラクルボディ (1)
この後、6時間ほどかけて帰宅しました。真夏のツーリング中に飲むミラクルボディは美味いですね。

ダイソーで購入した時計もナトーストラップが夏っぽくていい感じです。あつがなついぜ。

▲PageTop

Menu

プロフィール

へーぼー

Author:へーぼー
趣味:神社巡り
建武中興十五社巡りを2017年1月に完了。
諸国一の宮巡り実施中。

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1061位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
134位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR